保証人の理解を深めよう
保証人
理解を深めよう
保証人
リスク
連帯保証人
外れるには・・・
連帯保証人
外れるにはA・・・
保証人から
逃れるには・・・


保証人の理解を深めよう


保証とは「一定の債務が履行されない場合にその債務を主たる債務者に代わって履行する義務を負う」ことです。
例えば私が知り合い(友人)が金融機関からお金を借りるので保証人になって欲しいと頼まれたとします。一度はそういうこともあると思います。
私はは旧知の仲ということもあり、300万円を借りる契約の保証人になったとします。
ところがその友人(この場合の契約者つまり債務者)は金融機関への返済を済ませることなく行方が知れなくなってしまいました。この場合契約上、私に友人が借りたお金の残高の返済義務が生じてしまいます。
こんかいのような連帯保証人になる場合には私は友人(債務者)と同一内容の支払い義務を負うことになります。


 実は上記で説明しました保証人にも2つの内容があります。
一見似たような使用の仕方をしますが、まったく違う内容ですので是非覚えておきましょう。


 通常の保証人

通常の保証人には抗弁権がございます。

・催告の抗弁権
催告の抗弁権とは債権者が保証人に返済を要求してきた際、先に契約者(債務者)に支払いを請求するように返済の拒否ができる権利です。
 
・検索の抗弁権
検索の抗弁権とは債務者が保証人に返済を要求してきた際、契約者(債務者)に返済にあてられる財産があるときにはこちらから先に強制執行等をおこない契約者(債務者)の財産から支払いを請求するように返済の拒否ができる権利です。


 連帯保証人

連帯保証人の場合は、通常の保証人のように催告の抗弁権や検索の抗弁権はございません。
契約者(債務者)と同様に返済義務が発生してしまうのです。

基本的に連帯保証人になられる場合はご自身が契約をしたと思っておいてください。

☆本当に保証人になる覚悟は出来ていますか?


 人が連帯保証を頼むときは、相当行き詰まっている状況が考えられます。それを断るのは大変ですが、自分が肩代わりできない金額は保証してはいけません。余計な感情に流されず、現実を自分がまず知ること。最悪の事態を想定しましょう。連帯保証人になることを断って、「これが私ができる全てのことです」といって、いくらかのお金をあげることにしている人もいるようです。
 連帯保証人は、「保証する金額は、自分が将来支払わなければならないものだ」と認識し、肩代わりする覚悟をもって承諾しなければなりません。


SPECIAL THANKS LINKS

保証人私書箱日本センター保証人ランキング保証人相談所保証人の歩み保証人でお小遣い保証人をよく知ろう連帯保証人消費者金融 立川デリバリーヘルス
LINK